ホーム 編集者コラム 世界初の八角縫合針「Octacus」が掲載されました

世界初の八角縫合針「Octacus」が掲載されました

こんにちは。
お盆が終わり、急に気候が秋らしくなってきましたね。
本社工場の隣にある緑地で一所懸命に鳴いていたセミの音も弱くなってきた気がします。

さて、先月、日本冠動脈外科学会で展示していた新しい針素材「Octacus」がメディアに掲載されました

日刊工業新聞「河野製作所、つかみやすい八角手術針を開発 縫合時の向き制御自在」(記事リンク)

IT MONOist「縫合針を把持した際の安定性と操作性を両立する八角縫合針を開発」(記事リンク)

日刊工業新聞の記事はマイナビDoctorでも転載していただきました。

なるべく多くの情報を正確にお伝えしたいと思い、初めてプレスリリース資料を作成。
ひな形づくりから試行錯誤を繰り返し、できあがった後も配信のタイミングや方法等分からないことだらけで
てんやわんやの大騒ぎを繰り広げていましたが、他社の広報の方にいろいろと教えていただき、なんとか乗り越えることができました。

おかげさまで、販売代理店の方にも記事をご覧いただくことができ、すでにお問合せをいただいております。
まさかそんな反響があるとは思わず、驚いてしまいました。
もう少しで販売できるよう準備中ですので、お待ちいただければ幸いです。

今回リリース資料を作成してみて、開発の経緯や製品の概要など新製品に関する情報をまとめることができ、社内向けの資料としても使えるものになったのでとても便利だなと思いました。

そろそろ、次のプレスリリースについて考えようと思います・・・
社員のみなさん、楽しみにしていてください。