ホーム 医療 第13回日本骨盤臓器脱手術学会学術集会にてランチョンセミナーを開催しました

第13回日本骨盤臓器脱手術学会学術集会にてランチョンセミナーを開催しました


3月22日から24日に沖縄コンベンションセンターで開催された第13回日本骨盤臓器脱手術学会学術集会にて、ランチョンセミナー4「日本製PTFEメッシュ「ORIHIME」の可能性」を開催いたしました。

多くの皆様にご興味をお持ちいただき、ご参加いただきましてありがとうございました。


ーーー

先日は、当学会の会長を務められている第一東和会病院 女性泌尿器・ウロギネコロジーセンター センター長の竹山 政美先生に工場にお越しいただき、ORIHIMEや縫合糸の製造現場をご覧いただくとともに、製造社員への講演をしていただきました。

当社は女性社員が多いため、日本における女性泌尿器科のなりたちや骨盤臓器脱の講演をしていただき、身近なこととして大変勉強になりました。



メッシュの原料であるPTFEは化学的に安定している良さもありますが、
一方で、安定しているからこそ加工がとても難しいので製造は簡単ではありません。

しかし、あきらめずに挑戦することで安定的にご提供し、患者さんのQOLの向上ができれば、ものづくり企業としてとても嬉しいことです。



工場のご見学は、私たちの知らない様々な疾病や医療現場のことを教えていただくことができ、
当社のものづくりへの姿勢をお伝えすることもできるので
とても大事なイベントだと感じています。

つくば工場は都心からは少し遠いですが・・・
また工場にお越しいただけることを楽しみにしています。