ホーム インタビュー 若手社員インタビュー Vol.1 技術職Nさん

若手社員インタビュー Vol.1 技術職Nさん

新連載 若手社員インタビュー「私のお仕事」がはじまります!!!
元々、社内報の人気コーナーなのですが『是非、社外の皆さんにも見ていただきたい!』という声があがり、この度ブログでも掲載が決まりました。

若手社員の方々にお仕事の内容や、ご自身のことを紹介してもらっています。
記念すべき一人目は2020年につくば工場に配属されたN.Mさんです。

Q、河野製作所入社した経緯を教えてください。

元々、医療機器メーカーを志望しており、大学の教授に河野製作所を紹介していただきました。説明会や選考を通じて、どんなことでもまずは挑戦してみようという社風と、若いころから様々なことに取り組めそうなところに魅力を感じて、入社を決めました。

Q、現在の主な業務を教えてください。

今は挟んで測っている糸の号数を、非接触で計測できる機械を製作しています。
編み糸の断面は真円でないため、計測の向きによって結果が変わってしまい非常に苦労しています。上司のA課長にアドバイスをいただきながら、日々検討を進めています。

※解説:糸の号数=太さのことを言います。工場では、それを計測する際、検査機に手動で糸を挟んで行っています。マルチフィラメントと呼ばれる複数の糸を編むことにより作られる「編み糸」の断面は真円ではないため、計測時の糸の向きによって結果が変わってしまうことがあります。

Q、どんな時にやりがいを感じますか?

自分で作ったプログラムが、自分の予想した通りに動いてくれた時はとても嬉しいです。また、実際に機械が現場でどう使われるかをイメージしながら制作するのは難しいですが、自分が携わった機械が実際に現場で動いているのを見られることはやりがいになります。

Q、休日の過ごし方を教えてください。

家でお笑い番組を見て過ごしています。暖かくなってきたので趣味のランニングもそろそろ再開したいと思っています。

Q、今後の目標を教えてください。

まずは設計・制御・組立の工程を、1人で完成できるようになりたいです。将来的には、現場の方とコミュニケ―ションをとりながらニーズに応えられる製品づくりをしたいと思います。


A課長からのコメント

「大変気配りができ、言わなくても先回りして色んなことをやってくれるのでとても助かっています。気配りの心は機械の製造でも大変役に立つと思います。また当社は女性が多い会社なので、Nさんが女性目線で開発・製造してくれることで、より皆さんの使いやすい機械ができることを期待しています。」

2021年4月号社内報掲載「私のお仕事」より抜粋

インタビューをお受けいただきありがとうございました。いつも明るく、ハキハキしているNさん♪
今後も、Nさんの手からたくさんの素晴らしい機械が生み出されるのを楽しみにしている社員一同です。


採用サイトにも、社員インタビューが載っています。是非そちらもご覧ください。
https://www.konoseisakusho.jp/recruit/interview/